処方の睡眠薬も通販で買うことができる

2018年11月28日

眠れない夜を繰り返すことに疲れていませんか?
生活習慣を見直したり、寝る前のスマホをやめてみたり・・・。
それでも不眠の症状が続いているのなら、睡眠薬に頼ってみるのも方法のひとつ。

眠れなさが大きなストレスとなってしまう前に、安定した睡眠を得るための行動を起越すことが大切です。

睡眠薬の購入方法

睡眠薬の購入方法

睡眠薬を試してみようと思ったら、頭に思い浮かぶのは精神科?市販薬?
医療機関で睡眠薬を処方してもらうのと近所の薬局で市販薬を買うのでは、睡眠薬の種類は異なります。

どこでどんなタイプの薬が入手できるのか?
まずは睡眠薬の種類と購入手段について知ることからはじめましょう。

ドラッグストアで買う

睡眠薬ビギナーがいちばん気負わずに手を出せるのが、市販薬ではないでしょうか。
テレビCMでおなじみの「ドリエル」をはじめとする市販薬は「睡眠改善薬」というジャンルで、一時的な不眠の解消を目的に作られています。

仕事帰りや買い物ついでにドラッグストアに立ち寄って、気軽に購入できるのが市販薬のプラスポイント。
「ちょっと眠れない日があるから試しに買ってみよう」といったスタンスで買えるので、睡眠薬の服用に抵抗がある人にもハードル低めでおススメです。

病院を受診

「なんだか不眠気味で・・・」というには症状が進んでいて、眠れないせいで日中の活動に影響が出始めている人は医療機関を受診することを検討するべきです。

睡眠薬は精神科で処方してもらうもの、というイメージがあり、躊躇している人がいるかもしれません。
そんなときには、「とりあえず内科に行ってみる」でOK。
内科でも睡眠薬は処方できますし、症状によって専門機関での治療が必要となれば別の病院を紹介してもらえます。
女性であればPMSや更年期障害の影響も考えられるので、婦人科やレディースクリニックに相談するという選択肢も。

過度なストレスや悩みごとといったココロの要因を自覚しているのであれば、思いきって精神科やメンタルクリニックに足を運んでみましょう。

通販する

たかが寝不足で病院なんて・・・と考えている人、精神科に行って人目につきたくないという人、とりあえず睡眠薬だけ試してみたいという人は通販を利用するという方法があります。

2014年の薬事法改定によって、一般医薬品いわゆる市販薬のネット販売ができるようになりました。
ドラッグストアや薬局へ行かなくても、通販サイトなら24時間いつでも注文可能。
誰に知られることもなく、ドリエルやウットといった睡眠改善薬が購入できます。

ほかには、海外製の睡眠薬を通販するという道もあります。
日本国内では処方箋が必要な医療用の睡眠薬でも、海外から発送される場合は処方箋は必要ナシ。
有効性の認められている睡眠薬がスマホひとつで購入できるので、ぜひ活用したいツールです。

【通販で人気】ルネスタ・ジェネリック
ルネスタ・ジェネリック

不眠治療でにおいてポピュラーな睡眠薬であるルネスタのジェネリック医薬品。
インドの製薬会社サンファーマ社が製造・販売を手掛けています。
優れた入眠効果とキレのよさが大きな特徴。
服用後30分~1時間ほどで効き始めるので、入眠障害で悩む人にピッタリです。

睡眠薬の通販とは

医療機関で処方薬として用いられている睡眠薬を海外から通販するというのは、一体どういう仕組みなのかと不安に感じる人もいるのではないでしょうか?

海外の医薬品をネット購入するというのは、正確には個人輸入と呼ばれている行為。
安心して睡眠薬の通販購入に踏みきれるよう、個人輸入ついての理解を深めていきましょう。

個人輸入について知ろう

個人輸入とは、言葉のとおりに個人で輸入することです。

購入者が個人で使うためだけに医薬品を輸入することは、薬事法でも認められていること。
海外製品を販売するために輸入を行うのは「商業輸入」といって、税率や輸入にまつわるルールが異なります。

睡眠薬を個人輸入するためには、

・自分だけで服用すること
・他人に譲渡、販売してはいけない
・一度で輸入できる量は用法用量からみて1ヵ月分以内(処方箋薬の場合)

これらの決まりを遵守しなければいけません。

法律の範囲内にいる限り、処方薬あつかいの睡眠薬が通販できちゃうのです。

ここでカギになってくるのが、通販サイトを利用するということ。
個人輸入するからには、個人で取引相手のメーカーを探してくる必要があります。
しかし実際問題として、現地にどんな会社があるのか調べるだけでも一苦労。欲しい睡眠薬を注文して発送を手配し、通関手続きを行えるでしょうか?

そんな面倒なことはとてもできないので、代わりに引き受けてくれる通販サイトを利用するのです。

睡眠薬を通販するメリット

通販サイトを運営しているのは、個人輸入代行業者と呼ばれる人々。
個人輸入について必要な、でも面倒なことをすべて引き受けてくれます。

海外医薬品をウェブサイト上に掲載し、利用者はそこから欲しい商品を選んで注文。
国内販売のサイトと変わらず、ごく簡単に海外製の睡眠薬を購入することができる仕組みです。

日本で処方薬として流通している薬やそのジェネリックがたくさんラインナップしているので、比較的リーズナブルな価格の睡眠薬が揃っています。

処方箋をだしてもらう必要がないので、医療機関を受診する手間や費用が節約できるのもうれしいポイント。
自宅や職場で空いた時間にサクッと注文できるので多忙な人にも利用しやすく、不眠を自覚していながら手をこまねいていた人も症状改善に向けて行動を起こしやすいはずです。

Posted by MARIA


PAGE TOP